2008年03月11日

誕生日

今日は私の59歳のお誕生日。
子供達から携帯にお祝いメールが届く、
掲示板にも近所のママさんからお祝いの書き込みがあったり、
東京JCのリンタツ大先輩からプレゼントが届く。

気にかけていてくれる人がいるのは本当にありがたいことである。
感謝感謝
来年はいよいよ還暦だ。年金受給資格者だ。信じられない思いだ。

一体全体この歳になるまで何をしていたのだろうか?恥ずかしい限りだ。
「今年こそは!今年こそは!」と思いながら何も変わらなかった自分が情けない。
今年になって、親しかった後輩が亡くなり、あまりにもショックが大きい。

「先輩!再来年は還暦ですか?」とニヤッと笑った顔が忘れられない。
一緒に飲み明かした当時のことが頭から離れない。
いずれ俺も行くから、それまで待っていてね。

あの世ではYちゃんが先輩になるね。安らかに眠ってね

一年以上の構想を煉り、あと一ヶ月以内でビジネスに結果が出る。

もがき苦しんだだけのご褒美があるのだろうか?
もしかしたら人生の転機になるのかも知れない。


posted by 団塊おやじ at 21:57| 悲しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

田中好子さんの訃報

元キャンディーズの田中好子さんが乳がんの為亡くなった。
まだ55歳という若さ、なんとも悲しいニュースだ

もうかれこれ40年近く前のことでしょうか?

「あなたに夢中」でデビューその後「年下の男の子」「春一番」「微笑み返し」
つぎつぎヒットを飛ばし一世を風靡した。

キャンディースが人気絶頂のころの華やかなステージを想い出します。


スーちゃんの愛称で親しまれ、キャンディーズ解散後も女優として活躍されていた。

大震災のあとで日本中が悲しんでいる時この悲報はつらい

謹んでご冥福をお祈り申し上げます
posted by 団塊おやじ at 21:27| 悲しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

命日

今日は2つ年上の兄の命日、兄の名は「健二」

もう50年も経ったが当時の悲しみは決して忘れない

個人病院で風邪だと診断されたが、のちに急性白血病と判明した。


札幌医大に転院した翌日「容態が急変した」との知らせで札幌に向かった。
父は前日、一足先に救急車で兄と一緒に医大に着いていた。


私、姉弟3人が到着したときは既に亡くなっていた。
遺体安置室までの長い廊下を、心臓が爆発するほど不安な気持ちで歩いた

安置室にいたガックリ肩を落とした父の姿は今でも忘れない。


数日前まで一緒だった兄が死んだなんて信じたくもなかった。
私は「健ちゃん、健ちゃん」と泣き叫けぶばかりだった。


死んだなんてウソだ。兄はまだ生きて息をしている
だから顔に掛けられた白い布が上下に動いて見えた。


「こんな事は信じたくない、絶対夢だ」だから寝よう
目が覚めたら、また元気な兄に会えるんだと言い聞かせた


母は本州に旅行中で死に目に会えず、翌日、兄の亡骸と対面し
狂ったように泣き叫んだ。


私にとっては、これが肉親との最初の死別だった。


10年後の昭和48年、
クモ膜下出血で同じように札幌に転院した父が亡くなった。

私が父愛用のライトバンを運転し、父の亡骸を乗せ赤平まで運んだ。
赤平に向うまでの悔しさ、虚しさはいまでも忘れない。


爾来、肉親の死別に対するトラウマが出来上がったようだ


15歳で亡くなった兄だが、私の心の中では今でもやっぱり兄だ。


posted by 団塊おやじ at 23:16| 悲しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

揺れる想い

昨日は6年前に亡くなった

ZARDの坂井 泉水さんのお誕生日でした


滅多に表舞台へ姿を見せない、



端正な顔立ち


ちょっぴりミステリアスな雰囲気もあった孤高のシンガー


亡くなったから永遠に生き続けるのかも知れない。


でもやっぱり残念だな〜



みんな彼女の歌から生きる力をもらったり

苦しい時も頑張れたんだから、、、。



posted by 団塊おやじ at 08:12| 悲しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

山本俊彦さん死去

山本俊彦さんが亡くなったとのニュースに驚く

もと、赤い鳥のメンバーで解散後はハイファイセットを結成
フィーリング、卒業写真、中央フリーウエイなどなどヒット曲が生まれた

赤い鳥の大ファンだった私は何度かコンサートにも出かけた
竹田の子守唄、翼をください、など大好きだった

赤い鳥の構成メンバーだった山本潤子(旧姓 新居潤子)さんは奥様
国内のシンガーでは稀有の歌唱力を持つ彼女の声は今も衰えない

自分の青春時代が蘇ってくるから
今でも、赤い鳥、ハイファイセットの歌は頻繁に聞く

ご冥福をお祈りいたします





posted by 団塊おやじ at 08:08| 悲しかったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。